ガゾーログ

blogで担当科目のe-Learningと
棒ラーメンを支援すべくやっております。

<< 携帯不要のワンセグ売れてるぞ | main | スカパーでJ-WAVEが聞けなくなって久しい >>
油地獄〜換気扇の修理〜
換気扇は、たいてい、ひもをひっぱると、油汚れの粘り気をふりはらってバタンと排気ダクトが開き、ぶぅわ〜んとファン回り始めますが、うちのは、ダクトが開くだけで、ファンが回らなくなりました。2日ぐらいそのまんまにしてたんですが、台所の換気が悪く、油っぽいにおいと、床がベタついてきまして、お袋にも「なおしてけろー」といわれ、修理することに。
 換気扇の電源コードの間に、中間スイッチを仕込んであったので、その接続部をまず疑ったのですが、絶縁テープも、コードも油汚れでぬる〜り。接触悪そうなとこ発見し、接続し直したら、ぶーんとファンが回った。これでいいとおもったのですが、絶縁ビニールテープが油っぽさで巻いてもヌルヌルすべり、全然止まらん。しょーがねーから、中間スイッチも取っ払い、コンセント先の部品を付け替える事にしました。で、ひもひっぱったら、ありぃ、動かねぇ。
 で、ダスキンのわけわかんねー換気フィルター押さえ金具(なんとバネでフローティングしてあった。ストラトのトレモロかよ)のツメをはずし、本体ワクをはずして、ひもスイッチのところを見れば、なんか、欠けてる。そこの接触不良でした。パーツを接着剤で付けようにも、油汚れでヌルヌル。テープでも仮止めできん。しょーがねーから、接触部分押し込んで、なんとか使えそうなんで、そのまんま、ワク装着。フローティングしてた換気フィルターをワクに付けてから、ファンユニットにかぶせることがわかり、やりなおし。そうじした、ワクもまた汚れたり、コードもぬるっとして、もう、ヌルヌル大会でしたが、「ひもを正しく真下にひっぱらないと、また壊れるよ」と言い訳をしてなんとか、修理終えました。
| k-gazou | ボソリ‥ | 21:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
お疲れさまでしたー。
換気扇のベタベタなんて、世の中で最も思い出したくない画のひとつですよ。
油ジゴクと闘ったあなたは素晴らしい。
| みっち4 | 2007/01/23 11:13 AM |

どうもですー。油汚れのベタベタに難儀しました。ツメの間にも入ったりして。こうなるのわかってんだから、換気扇の電源コードや、接点、スイッチまわりは、油よけのカバーつけてほしいわい。美容のパックみたいに、塗っといて、後で一皮むけるみたいなのでもいいかも。
| きっくT | 2007/01/23 8:58 PM |











一番上へ