ガゾーログ

blogで担当科目のe-Learningと
棒ラーメンを支援すべくやっております。

<< 廃線後も「くりでん」応援します | main | 手打ち冷し中華(やぶ健食堂)を食いに行く >>
新聞の取材を受ける
昨日、「くりはら1000枚プロジェクト」のことで、河北新報の栗原土曜版の取材を、運営委員3人で、受けました。

私は、新聞などマスコミの取材を記者から直に受けるのは初めてです。
いままで、「田舎暮らしの本」つー雑誌の、電話取材を、Uターンしたてのころ受けただけで、しかも掲載誌なんか送られてこないで、立ち読みで、その記事確認したりして、取材経験は、そんなもんです。映像業界紙に、ライターで一時書いたりしてましたが、自分が取材されるとは思いませんでした。記者じゃないけど、2月にうちに警察官16人きたときには、びっくりしましたが。(送別会の会場になってまして)

プロジェクト始めて1ヶ月経ったち、SEOの効果もじわじわとあり、ネットでの情報伝達の結果が、ある程度、出始めてきたんだなーと感じてます。
取材に来た記者さんの話だと、栗原の話題をネットで探してたら、たまたま当プロジェクトを見つけて、「おもしろい活動だな」と記事の企画にしたそうです。24日の栗原土曜版か、それ以降の土曜版に掲載される予定です。

丁寧にいろいろ聞き出してもらったんで、うちらもどんどん話し、予定時間を大幅に過ぎましたが、いい経験になりました。話だけでは、わかりにくいとこもあるんで、手書きのコンセプト図など、渡しましたが。
で終わったあと、3人でぐったり。慣れないことしたもんで。

河北新報 くりはら1000 取材
| k-gazou | 仕事 | 22:08 | comments(2) | - |
くりはら1000枚プロジェクト、
新聞記事にもなって、軌道に乗っているようですね。
応援していますので、頑張って下さい。
| hryk | 2008/05/15 1:49 PM |

コメントありがとうございますー。
なにかのサイクルなんでしょうか、まだ記事掲載されてないんですが、メールでサイトの感想が寄せられたり、関連の市民活動サイトにも、応援してますと書き込みがあったり、出身者や、市内の人たちから、反響が出始めています。
| kick_jp | 2008/05/16 2:37 AM |











一番上へ