ガゾーログ

blogで担当科目のe-Learningと
棒ラーメンを支援すべくやっております。

<< 実売7200円のI・O DATA HVT-TL 地デジチューナー | main | 「ほぼ日」でも「無印」でもなくコクヨ・キャンパスダイアリー〜2010年手帳選び >>
MacOSで長形3号の封筒宛名印刷する(Canonプリンタで)
長形3号の封筒に、宛名印刷をまぁ、40部ぐらいする必要があったわけです。
手書きも面倒だし、きれいだからパソコンでプリントすっかなと。

うちはMacとCanonのインクジェットプリンタ560i、MP600(複合機)を使ってるんです。OKIのレーザープリンタはYのトナーユニット調子悪く、モノクロ専用となってまして。

で、封の口を折ってセットして印刷したら、なんだか詰まりやすいし、ひとんちでは、封の口を折ってプリントなんかしてなかったよなーと思い、もしやとマニュアル見れば、「MacOSで長形3号の封筒には印刷できません」とドライバの非対応がばっちり書いてありましたとさ。

つまり、Windows用のプリント設定では、封筒のケツから用紙トレイにセットし、ケツから印刷かかるよう、ドライバで180度回転させて印字するんです。ケツからだから封のひらひらは、気にしなくていい。で、この180度回転させて印字する機能がどうやら、MacOS用のドライバには無いようです。

で、CanonプリンタでMacOSから長形3号の封筒宛名印刷するには2つの手がありまして、

1)封をていねいに折り、仮止めするなどして、封筒の頭から用紙セットし、一部づつ手差しでプリント

2)PDFで一度保存し、Adobe Readerの機能で表示の90度回転を2回かける→あとはケツから封筒セットしてプリント

ほとんど、1)のやりかたでプリントしましたが、失敗もありました。2)は最後の方で気が付いたので数はやってませんが、確実なような気がします。

宛名ツールの組み合わせは、アドレスブック→葉書AB(フリーウェア)へドロップです。V-cardのエンコーディング形式を日本語にしないと、葉書ABにドロップできませんでした。ツールは事足りてました。


| k-gazou | おすすめネタ | 12:54 | comments(0) | - |










一番上へ