ガゾーログ

blogで担当科目のe-Learningと
棒ラーメンを支援すべくやっております。

<< 一迫の丸勝で「すっぽん鍋」を食う | main | 仕事場のBGM >>
「これで行けるだろ。と思ったんですよ」と語った。
厳しく寒い。寒波のおかげですか、暖冬だと思って油断してたらねぇ。
ここんとこガクーンと低温基調で。一部水道凍結したり、寒くて寝付けなかったり、目が覚めたりしてます。凍結防止の熱線は入れてるのだが、追いつかず、部分で水道凍る。

ユーロスペースでジャック・ロジエ特集やってるのを、M氏のtwitterつぶやきで知る。
しかし、はめごろしのような、この公式サイトなんだろ。Mac&Safariだと見れないのかな。
→enterボタン、見落としてました。すいません。入口ありましたん。

で、たまには告知します。
うちの近所のcafe Jakiさんで、キューバの写真展開催。

くわしくは、こちらで>>
このcafeは、町内のおなじみが集まりヨタ話に花が咲く好きな空間です。
ゆたかな音色が再生されるオ−ディオと中高年になった近所の兄ちゃん達のカウンター席でのトークが楽しい。たまに著名な方も現れ、ラジオ番組にしたいぐらいです。

さて、久々に音質良くないけど、J-waveを聞いてます。流れてる対談番組ではデジタルステージの平野氏が第三舞台の広報などアナログの世界から、ソフトをつくる会社を経営することになったきっかけを語っていました。坂本龍一のライブでインターネットの歌が流れ、「これで行けるだろ、これがやりたいことだったんだ」と思ったという。そしてVJソフトやフォシネマとか作って行った。そして映画、芝居など長くとも3時間とかの体験でしかないが、ソフトは何年も付き合ってその内容を知ってもらえる。と考えたそうだ。

なるほどね。多かれ少なかれ、個人が常時接続でネット使えるようになったころ〜2001年ぐらいからか、何かこれでやれそうな気配はありましたね。

そういえば、J-waveの番組に大学の同級生であり写真家のM氏や、高校の後輩でイラストレータのN氏がゲストで出てた。私も出たい。Funkの選曲とかで。でJ-wave出たら、「これで行けるだろ」とか思ってしまうのだろうか。J-wave好きなんで。

J-wave来週の対談は、本棚のディレクションをするブックディレクターの人の話だそうだ。中華料理屋とか歯医者とか私も本棚のディレクションしてみたい。阿佐ヶ谷にあったカフェ、西瓜糖の本棚は好きだったな。
なんだか、俺にもやらせろって話ばっかりになっちまったな。

すき家のねぎ玉とり丼。温泉玉子に惹かれたがネギ玉牛丼にすべきだった。とり丼味濃い。近日、仙台の王将に行きたい。

| k-gazou | ボソリ‥ | 00:12 | comments(0) | - |










一番上へ