ガゾーログ

blogで担当科目のe-Learningと
棒ラーメンを支援すべくやっております。

<< Kスタ宮城で楽天・オリックス戦〜「餃子の王将」一番町店 | main | 福島県立美術館〜飯坂温泉「鯖湖湯」など >>
疎開児童と新茶
 第二次世界大戦、終戦間際なのか期間は定かではないですが、うちではお座敷があってわりと部屋数が多かったので、東京の杉並、高井戸第二小学校の生徒を疎開児童として受け入れ、家族でお世話してました。周辺の地区も高井戸三小の疎開を受け入れていたので、栗原は杉並区高井戸の小学校が割当られていたのかもしれません。
 当時、疎開児童を引率していた先生がずっとうちに新茶を送ってくれていました。かわいいお茶箱に入った新茶が毎年届くので、子供の頃は、親戚のだれかから送ってもらってるんだろうなと思ってましたが、その後、戦争や疎開児童のことを知り、そのときの先生からだよと親に教えられ、そういうことだったんだとやっと理解したものです。
 2年ぐらい前に、京都在住のライターの人がこのへんの疎開児童を受け入れた家を訪ね歩いていて、うちにも来ました。(>>高井戸小学校の疎開児童の取材、栗駒と高井戸のつながり

引率していた先生がお亡くなりになったあとも、毎年ご子息からお茶をお送りいただいております。戦後65年、今年も新茶が先生のお宅から届きました。お返しに今年は何を送るんだろうか。
| k-gazou | ボソリ‥ | 23:17 | comments(0) | - |










一番上へ