ガゾーログ

blogで担当科目のe-Learningと
棒ラーメンを支援すべくやっております。

<< ノンアルコール飲料道…その1「ヘイ!ボール」 | main | 妖怪の住処っぽい家と座敷わらしの「緑風荘」跡 >>
AirMac互換カードをPowerbookG4チタンに装着
PowerbookG4チタン用に、ヤフオクでAirMac互換カードを530円で入手。

AirMac互換カード

バッファローの無線LANの子機として付属のPCカードを差して、シェアウエアのドライバを使って以前使ってたのですが、HD入れ替えでドライバが無くしてしまい、もともと接続も不安定だったので、まぁ有線でいいやとそのまま使ってました。
そういえば、PowerbookG4の出た当時、AirMacカードとかあったよなとヤフオクで探せば、互換カードを見つける。iBookで使っていたものだそうで、多分使えるだろうと落札。

で、PowerbookG4の裏蓋をはずし、装着してみました。
バッテリー外すと、装着図がありました。カード差して、コード差して終わりねと手順イメージ。
AirMac互換カード

AirMac互換カード""

AirMac互換カード

カードは裏返しじゃないとハマんないことが、スロットのホゾの形状からわかる。初め表から差し、ハマんなくてあせりました。でコードを装着。あれうまく納まんない。まぁアンテナだから、押し込めばなんとかなるとぐいっと蓋を押さえてネジ締め。

無線LAN接続は、すぐ確認できました。

AirMac互換カード

AirMac互換カード

OSのドライバでOKだし、スマートだ。速度もまぁまぁ。サーバーからのiTunesのプレーヤー端末として家の中どこでも使えるし。

参考にしたサイト
AirMac・無線LANまとめ


バッファローの無線LANカード子機を、そのままAirMacスロットに差した人がいて、びっくり。ってことは、私の場合、AirMac互換カードも要らなかったのか。ま、いいや昼飯一食分の予算で済みましたので。
| k-gazou | おすすめネタ | 23:51 | comments(0) | - |










一番上へ